「ほっ」と。キャンペーン

1対1



後1日で誕生日というところで彼女の歌を聞いてしまって。



私を生む前の日のあの彼女の気持ちはどうだったんだろうと
ふと考えてしまう。
彼女のお腹の中でくるくると回っている私は、
彼女の言葉だけをきっと無意識の中で聞いて眠っていて、
いつお腹の中から出て行こうかっと気まぐれに考えていて。
そんなとき彼女は大きなお腹をさする。
大きな丸いお腹に話しかけて、そろそろでてこーいと小声でささやかれて。

私と彼女はいつだって一対一でいて。
やっとお腹から出てきて初めて見た彼女の顔も、
小さくて覚えてないたくさんの出来事もきっと
一対一でずっといた。
今ではもう会えない人になってしまっても。
でもこれからもきっと一対一で心の中で彼女に話しかけてしまうんだろう。


このタイミングでこんな事を思ってしまったのは、
仲の良い友達に子供が無事産まれたから。
彼女とたくさん話して時間を過ごしてきて、
子供を産む側の気持ちが少し分かってきて。

また彼女の事を私は想う。

お母さん、私を産んでくれて、

ほんとありがとう。










[PR]
# by inei-reisan | 2017-02-20 04:54 | つながり | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28