ナポリとカッフェ



e0211739_2375175.jpg



今年のバカンスは約10年ぶりにイタリアへ向かうことに決めた。

しかも南の南ナポリとシチリアを周る旅で友だちと盛り上がり、
計画は瞬く間に組まれたのであった。
ドイツにおいてきたうんざりするような問題を思いっきり頬リ投げて
私達は飛行機に飛び乗った。
待ちに待ったバカンスのはじまりだし、曇り空をミュンヘンに置いてきて
真っ青に雲ひとつないイタリアの空気を吸いにいくのだと
テンションはあがる一方だった。

10年前にびくびくしながら訪れたナポリはまだ街も整備されてなくて、
怖がりすぎて日帰りで帰ってしまったので
正直いうとたいして思えてないのだった。
しかも道に迷って市場に紛れ込んでしまい、ますますわれらの恐怖心をあおったのを覚えている。

今回のわれらは違う。
言葉も多少わかるし、なんせヨーロッパ滞在も長いし
なんせ10年前と違って街は大幅に整備され、警察もテロのときのアメリカなみに
うろうろしていた。
さすがに夜道は女二人では歩くのは怖かったがそれでも
私達は町中を足で歩き、暑さでへとへとになり
おなかがすくとレストランでイタリアンを食い尽くした。

そして

私達はついにこの旅でイタリアンカッフェのおいしさを学ぶこととなった。
喉が渇いてもなぜかカッフェを飲みたくなる。
道行く人はプラスチックの小さなカップでカッフェを持ち帰りしている。
疲れると、カッフェ。人と話すとカッフェ。
南にいくほど、
暑くなるほどその回数は増えていくのである。

イタリア人が旅行先にエスプレッソ機をもっていくと
聞いたのもうなずける。

フランスのカフェとイタリアのカッフェは同じ豆なのに
どうしてこんなにも飲まれ方が違うのだろう。

あっついなかで飲むカッフェがこんなにもおいしいものだとは、

知らなかった。
[PR]
トラックバックURL : http://ineireisan.exblog.jp/tb/18755026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yspringmind at 2012-09-01 23:17 x
楽しい夏の休暇から、お帰りなさい。
ナポリのカッフェは、イタリアの中でも特別美味しいと思います。私も10年ほど前にナポリを訪れて、その美味さに感嘆しましたよ。ボローニャで探しても絶対無い美味さ。私もカッフェを求めてそろそろナポリを再訪してみましょうか。
Commented by inei-reisan at 2012-09-02 20:18
yspringmindさん。はい、私も帰りました。バカンスはあっという間に過ぎてしまいなんだか寂しいです。
そうなんですね、暑い中で飲む中にも違いがあるのでしょうね。今度こそは、いざボローニャへ・・・
by inei-reisan | 2012-08-31 02:58 | travel? | Trackback | Comments(2)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31