シチリア島へ

e0211739_4502999.jpg


すっかりバカンスモードも抜けてきますが、
ここでしっかり記憶しておかないと、あと一年がんばって
いけない気がするので続けます。



バカンス病ってのがきっとあって、その場所にいくと
とてつもなく自由になる自分がいる。
それは違う国というか、そこに自分の家がなくて
違う言葉なのでまったく理解できなくて、自分の原点を見直したくなる衝動に駆られるというか。
ドイツ語ではそれをFernwehというのらしいけど、
もう日本を離れて長い私がそんな病気にかかっていたなんて
思わなかった。

さてシチリア島は、ナポリとかなり住んでる人の気質が違うなと
思った。いつも通りを掃除しているおばさんとか、
机を並び替えてるお兄さんがいきなり大量の水を植木にあげてたり、
(かなり植木に水をあげないと一気に干からびてしまうらしい)
まじめに道を聞くと後についてきて、行き先まで教えてくれたり、
時間通りに走るバスや、ホテルのお掃除がまじめに施されていたり
いろんなところでシチリア気質を感じる。
もちろん、基本は南のイタリアなんだけど、
さすがイタリア人がバカンスに訪れる場所ではある気品も感じられる。

とはいっても私のなかでシチリアは村上さんの小説に出てくるパレルモぐらいしか
知らなくて、新発見の連続だったのだけど。


シチリアで訪れたのは、
パレルモ、シラクーザ、タオルミーナ、メッシーナ、
そしてカターニアだった。
どの街もしっかり鉄道が通っているけど、
バカンス中の鉄道はできれば避けることをお勧めする。地元間の利用は便利だが、
遠い都市をつなぐとなるとバスのほうが便利そうである。
なんせ鉄道のホームで電車が時間通りに来ず怒りまくってた
スペイン人やフランス人の旅行客を見かけたから。
あと2時間も待つのかよ!ていう台詞に苦笑してしまった。私。

所詮バカンスはシチリア人も同じ。働いててもバカンスモードではあるのだ。
乗り物なんか使わずに、海のなかでぷかぷかと浮いていたほうが、
都合がよさそうなのである。

なんせここまで南にきた海は青い。

e0211739_5162274.jpg



青いのだ。
[PR]
トラックバックURL : http://ineireisan.exblog.jp/tb/18833411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mocapearl at 2012-09-13 16:07 x
シチリアの海の青さは格別ですよね。
1枚目の写真はなんでしょう??
ineireisanさんのイタリア旅行の記事、楽しみにしていますね♪
Commented by inei-reisan at 2012-09-14 22:28
はじめの写真はシラクーザのギリシャ劇場にあった大きな洞窟の入り口を内側から撮ってみました。影絵みたいで面白いなっと思って。
もう、海が恋しいです。。。
by inei-reisan | 2012-09-11 04:57 | travel? | Trackback | Comments(2)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30