paris 久しぶりの美術館

e0211739_459238.jpg


ミュンヘンに帰ったら急に寒くなってしまった。
いそいであちこちから冬服を取り出して、
ぐるぐると巻きつけてやり過ごす。


パリにいって、ひさしぶりに美術館に行こうと思った。
いろいろ迷ったけど、今回はオルセーへお邪魔する。
さすが夏休みで、監視員はほとんど学生バイトか移民だらけ。
いくら一つの絵でじっと近づいていっても、ちっとも警戒されることはなく、
むしろ見きれてなかった絵を監視員自ら眺めていたり、
ちょっとのんびりした空気が流れていて。

今回はアールヌーボの展示に、個人的にテンションがあがったのだけども、
4時間いても、全部は見きれず、閉館で外へと追い出される。

でもふと気がついたのは、例の写生している学生がここにはいない。
やはり都会すぎるから、そういうことも禁止なのかな。

そう、アールヌーボ。
ギマールの家具も、ミュシャの壁画もすべて知っているつもりだったのに、
いざ現物が目の前にあると、うっとりと見とれてしまう。
かの有名な画家さんのエリアは人がいっぱい溢れていて、ゆっくり見ることもさせてくれないのに、
家具のエリアは人が少なく、ゆっくり妄想の世界にいける。笑

あとロートレックの絵は、すごかったな。大きい絵も、ただの写生画も
人間がうねうねして、活気に溢れている。
どこの絵をみても、パリの雰囲気が漂っていて、
すべてに人間のストーリーが組み込めれているのも迫力がある。

この街がこういう風景を描くぐらいにどこもかしこも騒がしいからか。
ただ、それもパリの街の魅力の一部となっているんだろう。

さて、
美術館からの帰り道。それは黒い曇り空で、
歩いてチュルリー公園を横切るころには、
ぽつぽつの雨が、ボツボツに切り替わり、
冗談では済まない状況に突如切り替わる。
傘ももってなかった私を含めて、通行人たちは走り出し、
なんとか葉が茂った公園の木の下で雨宿り。

そうはいってもものすごい雨の量で皆ずぶ濡れ、
みんな着ている服はベタベタで、なんとも悲惨な状況に。
私の雨宿りをした木の下には、田舎から来たらしいフランス人の中年の女友達同士が先行で
乗り込んでいて、飛び込んだ私にすこし場所を譲ってくれる。
いく間もなく、イタリア人の家族が加わり、移民系の輩が到着し、
英語を話す中年夫婦も参加。
なんとも賑やかな一本の木の下。

ほら、こうやっていつでもどこでも、この街は
ストーリーが一瞬にして始まっている。

だからね。


e0211739_517685.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://ineireisan.exblog.jp/tb/23584551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-08-22 04:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by inei-reisan | 2015-08-21 05:28 | travel? | Trackback | Comments(1)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31