ミャンマー vol.4 マンダレー

e0211739_12302487.jpg


ここマンダレーから一人旅に切り替わった。
個人的にはだれかと旅をしたほうが断然面白いんだろうけど、
皆様毎日はたらいていらっしゃるから、それはタイミングが合わなかったということで
しょうがない。
e0211739_12294388.jpg
e0211739_12284821.jpg

ミャンマー人もものすごく勤勉で朝から晩まで働いている。
道行くバイクは1日どの時間でも減ることはないし、
お店も休みなしに営業中。
ここでは週一回のおやすみは仏教のなんとかサイクルで決まれていてバラバラなんだとか。
天気がよければ店を開ける。これアジアの鉄則か。

e0211739_12275294.jpg

一人になったわたしはなんとなく弱気で、道行くバイクタクシーにふらふらついて行っちゃうし、
買わなくてもいいものを買ってしまったり、
ふにゃふにゃ旅行者へさま変わり。笑

でもミャンマー人は根はいいひと。それはどこにいっても揺らがないようだ。

e0211739_1227019.jpg

さてマンダレーでは初日から早速山登り。
e0211739_12263678.jpg

といっても寺がある山マンダレーヒルに朝から裸足で階段を駆け上がる。
本当は夕方がいいんだろうけども、すごいひとらしいし、なんといっても自転車で行動してたので、
日があるうちに寺まわりをしておきたいところ。
e0211739_12252739.jpg

それでも頂上の参拝客はいっぱいで、
世の中の仏教徒の多さを思い知る。
e0211739_122443100.jpg

ここ数日階段と素足に取り憑かれてる。
どこの寺でも階段、階段。素足、素足。
もう町中を素足で歩き回ってやろうか。(それはスファルトが暑すぎて許されない。。)
そしたら、手相を見てやると途中で声かけられて、足の裏の相はすりきれて占えませんか?と心の中で思ってしまった。

それにしても、ここミャンマーでは寺の前に山ほど脱ぎ散らかした靴、サンダルが置いてあって、
誰も盗まれないらしい。
それを現地のおじさんに話したら、靴を盗んだひとは盗んだのではなく、
その靴が行くべきところへ移っていっただけのことだと、
諭されてしまった。

なるほど・・

でもわたしの靴は一足だけで、盗まれたらミュンヘンまで裸足になっちゃうんで、
それは勘弁してほしい。。
[PR]
トラックバックURL : http://ineireisan.exblog.jp/tb/24136934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2016-02-14 12:35 | travel? | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30