オランダ人の庭愛

さて、

e0211739_18175104.jpg

また深夜バイトをこなした私は少し遅く起きて、コーヒーを入れて窓の外を眺める。
我が家のリビングの窓はちょうどそれぞれのアパートの中庭に囲まれており、
隣人の様々なアクティビティを眺め、眺められることになる。

ここにきて、びっくりしたのは、その隣人への寛大なる開放度合。
各部屋の、大きな高い窓に、カーテンを一切かけず、常に隣人へ日常生活を生中継状態。
おかげでどこにどんな人が住んでいるか、
いつのタイミングで家にいるのか、
しばらく住むとすぐにわかってくる。

さてここ数週間、この家のすぐ脇にあるお家の中庭では、夏らしく夕方になると
素敵な中年ご夫婦の水着姿がお目にかかれる。
そのお家には、自家製プールがあり、外で食べれるテラスがあるので、天気がいいとすぐ庭でくつろいでいらっしゃる。
ただし多くのお家の窓から、それは丸見え。でも気にしないオランダ人達。(実はご夫婦の片方はドイツ人で小さい頃に引っ越していらっしゃった)
子供達はすでに独立して、お家から出て行かれているけども、ものすごい頻度でその快適なお庭に遊びに来て
やはり水着姿で最近はいらっしゃる。


前にも書いたが、オランダ人の庭への愛はなかなかのものである。
ここかざっと見えるだけでも、様々なジャンルの庭を眺めることができる。
我が家のオーナーは野草好きで、かつ庭に小さな池を作り、鯉がいるし、
子供がまだ小さいお家は、遊び広場なるものを庭に設けていたりする。
この並びで、共同で借りているらしい学生達は夕方になるとビール片手にばんばん庭に繰り出してくる。
それらは全て中庭で行われていることだから、
正面に面した道路から見ることはできない部分。

でもこうやって一緒に中庭生活を過ごしてみると、これはこれで快適でなかなか居心地がいいものなのだ。
ただ隣人になんでもかんでも見られてしまうという、羞恥心を克服できればの場合だが。





[PR]
トラックバックURL : http://ineireisan.exblog.jp/tb/25839641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2017-06-11 18:18 | オランダ生活 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31