何年ぶりかのステージの上




e0211739_07094834.jpg

そういえば風邪になった原因は、これ。
何年ぶりかにステージに立った。
趣味でつづけているものとはいえ、人様の前に立つというのはこんなにも
苦しいものだったとは。
1日2回上演だったのを当日知った(!)私は、
朝からレオタード姿で待ち時間含め10時間以上も拘束され、
自分の甘さを深く、深く思い知ったのであった。

こんなんじゃ、やはりいかん。

ドイツを離れてからすっかり踊りの調子を崩している私は、
自分の思うようには動けないし、体力もなくなっている。

バレエはどこまでも自分との戦いだと思っているけども、
自分を甘やかしていたことに、今頃になって反省中。
ここまでくると、誰も何も諭してくれないのだから、
自分で自分のいいかげんさを叱るしかない。笑

それにしてもステージの上は気持ちよかったな。
踊りに合わせて、ゆらゆらと変化していく光の強さや色や影の形が、
踊っている私たちに挑発してきて、もっともっと高く遠くへと踊りに熱が入ってしまう。

そう結果的には、
ステージの上に立って
やはりよかったなと思う。

これでまた踊り続けようと、考え直すことができたから。
よし、またやるぞ。




[PR]
トラックバックURL : http://ineireisan.exblog.jp/tb/25913223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2017-07-14 07:26 | バレエ | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31