カテゴリ:travel?( 64 )

japan again

e0211739_22565940.jpg


それにしても最近はよく日本に飛んでいる。
帰るたびに日本語、日本海、日本食。
こうやって帰る場所がある幸せと、それでも年に2回も飛ぶとやはり私は
海外に長く住みすぎてしまってるのだなあと思う。
その感情の繰り返し。


日本の天気は連日秋晴れで、湿気をふくんだ温かい秋風が
心地よかった。
今回もあの大都会を通らずに、帰ってきてしまうのだなあと思うと、
もうしばらくは日本に帰ることなんてないかもしれない。

さて実家は北陸なので、近場日本海沿いの、寂れた旅館に足を延ばす。
高速を降りて、温泉街にたどり着けば、
観光客なんて数えるほどしかいなくて、
どこもかしこもお客の取り合い状態。

田舎の温泉街は、都会で起きているニュースなんて、
全くの他人ゴトで毎日を過ごしている。
世界の核戦争よりも、
通学路の用水路の結界。
海の向こうの地震災害よりも、
田舎駅で塗り替えたばかりの壁の色。
毎日自転車にのって、ヘルメットかぶって、
田んぼ道を30分も40分もかけて
通学、通勤する田舎の人たち。

よく北陸の女ぽいと、若い頃に言われもしたが、
要は田舎の女ということだったのだろうか、今になってひとりごちる。
ただ今でもまさに寂れた田舎の駅のホームで、
30分も先にしかこない、単線の電車を待っていたとき、
あぁこうやって私の忍耐は鍛えられたのだろうな。と気がついた。

忍耐強く、まじめにこつこつと。

そう、私の掲げるモットウそのものなのだ。
[PR]
by inei-reisan | 2015-10-20 23:08 | travel? | Trackback | Comments(1)

paris タジンランチ

e0211739_1628466.jpg


移民が増えていいことは、いろいろな食事の種類ができることよね〜
とパリの友人と話す。
パリの最後の日、飛行機のチェックインの前に近くのカフェで、昼ごはん。
このお店はアルジェリア人が経営してるカフェで、
日曜のお昼に、クスクスとタジンのランチを出している。
これがどちらも美味しくて、美味しくて、
こんなのミュンヘンでたべれないっと繰り返す。

私のが手前で、羊と、ダーツ、アプリコットと野菜。
友達のはチキンだったかな。

フランスは物価が高いから、これにワインをいれて(もちろん)、
16,17ユーロはしたが、それでもパリでしかたべれない。

おもしろいのは、このテラスに出されていたテーブルの下の広告で、
兵隊の募集?
フランスは軍事国だなあと実感。おしゃれな国だけじゃ、もちろんない。

ドイツ人もフランス料理が大好きで、よく特集番組をやってる。
ここで見つけた、料理家でなんとなく親しみを抱いてみているのが、
彼女の番組。


DER SARAH WIENER

素人っぽく、料理人を渡り歩いて、自分の料理をつくっちゃう。
じつは彼女ベルリンに自分のカフェも持っていて、もうドイツではセレブ。セレブ。
一回いってみたけど、ケーキの値段がえらい高くて、びっくりしたもんだ。

でも、おいしいものには、私も目がないのは事実。。。
[PR]
by inei-reisan | 2015-09-13 16:43 | travel? | Trackback | Comments(0)

paris 久しぶりの美術館

e0211739_459238.jpg


ミュンヘンに帰ったら急に寒くなってしまった。
いそいであちこちから冬服を取り出して、
ぐるぐると巻きつけてやり過ごす。


パリにいって、ひさしぶりに美術館に行こうと思った。
いろいろ迷ったけど、今回はオルセーへお邪魔する。
さすが夏休みで、監視員はほとんど学生バイトか移民だらけ。
いくら一つの絵でじっと近づいていっても、ちっとも警戒されることはなく、
むしろ見きれてなかった絵を監視員自ら眺めていたり、
ちょっとのんびりした空気が流れていて。

今回はアールヌーボの展示に、個人的にテンションがあがったのだけども、
4時間いても、全部は見きれず、閉館で外へと追い出される。

でもふと気がついたのは、例の写生している学生がここにはいない。
やはり都会すぎるから、そういうことも禁止なのかな。

そう、アールヌーボ。
ギマールの家具も、ミュシャの壁画もすべて知っているつもりだったのに、
いざ現物が目の前にあると、うっとりと見とれてしまう。
かの有名な画家さんのエリアは人がいっぱい溢れていて、ゆっくり見ることもさせてくれないのに、
家具のエリアは人が少なく、ゆっくり妄想の世界にいける。笑

あとロートレックの絵は、すごかったな。大きい絵も、ただの写生画も
人間がうねうねして、活気に溢れている。
どこの絵をみても、パリの雰囲気が漂っていて、
すべてに人間のストーリーが組み込めれているのも迫力がある。

この街がこういう風景を描くぐらいにどこもかしこも騒がしいからか。
ただ、それもパリの街の魅力の一部となっているんだろう。

さて、
美術館からの帰り道。それは黒い曇り空で、
歩いてチュルリー公園を横切るころには、
ぽつぽつの雨が、ボツボツに切り替わり、
冗談では済まない状況に突如切り替わる。
傘ももってなかった私を含めて、通行人たちは走り出し、
なんとか葉が茂った公園の木の下で雨宿り。

そうはいってもものすごい雨の量で皆ずぶ濡れ、
みんな着ている服はベタベタで、なんとも悲惨な状況に。
私の雨宿りをした木の下には、田舎から来たらしいフランス人の中年の女友達同士が先行で
乗り込んでいて、飛び込んだ私にすこし場所を譲ってくれる。
いく間もなく、イタリア人の家族が加わり、移民系の輩が到着し、
英語を話す中年夫婦も参加。
なんとも賑やかな一本の木の下。

ほら、こうやっていつでもどこでも、この街は
ストーリーが一瞬にして始まっている。

だからね。


e0211739_517685.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2015-08-21 05:28 | travel? | Trackback | Comments(1)

paris

e0211739_555328.jpg


先週末パリへ里帰り。リヨンも私の里だけど、パリは今でも私の街。
10年前より、もっと治安が悪くなって。
もっと地下鉄は臭くなって、ビザも降りにくくなっ
てるけども、
それでも私はフランスという国に恋をしたのだから、
その事実は変えられない。


今回はパリ時代の友達が妊娠して、そのお見舞いも兼ねて
チケットをとった。
よく考えたら、こうやって1年に一回はどこかでフランスに
飛んでいる。

今回泊まった彼女のお家はパリの墓地の真ん前のロケーションだったから、
私たちは天気がいい日に、散歩に繰り出した。
彼女の大きなお腹を気にして、ゆっくりと一歩ずつ、
石畳を歩いて行き、有名な画家さんだとか、ミュージシャンとか
見て回る。

夕日に映えた墓石はどれも古くて、大きくて、
ドイツの緑の中にある墓石とは大違い。
それにここみたいに墓地の中でマラソンしている人も見当たらない。

それでも、広大な墓地の敷地はパリジャンの散歩コースになっているらしく、
ベンチでゆっくり休んでいる人がたくさんいた。
もちろん観光客もたくさん。

そして、ふとリヨンのフルビエールの丘の上のお墓を
私は思い出す。

2007-06-02 14:16:59
丘の上の散歩 -Cimetiere de Loyasse-
テーマ:a Lyon

リヨンの街を一望できる丘にリヨン市民の墓地がひろがっていた。

歩いている人はひとっこ一人いなくて、天気もなんだか泣き出しそうでコクトーの詩がぴったりくる場所。丘から見下ろす死人達。「ベルリンの天使」のような守護神がいるかのような。

こういう場所では天使もなんだか力強いし、イエスも道案内人だし、墓石に飾っている写真はなんとなくまぬけだし。。

でもなんとなくフランスらしい風景。

パリのように有名な作家の墓でもないかと探してみたけど、いまいち区別がつかない。。しかも古い物はツタに覆われているし、時には雷にあったのか粉々に砕けているのもあった。
刻まれている文字だけでその人の人生を知る。
この時代で長生きしたんだなあとか、金持ちの家の墓だから墓参りはいつも全員集合参列なのかしら?とかなんとか。。(笑)
にほんのお墓と違ってなんとなくセメタリーはなぜか怖い感じがしないんだな。。


この入
り口の門がしまってしまったら、私は今晩どの墓石と一緒に眠ろうか?

心臓の由々しさ



泉の水は流れる、犬の口のように由々しく。

ばらには僕も驚かされる、何しろにっこりともしないので。

樹々は立ったまま眠る。
冗談なぞ言わない。

例えば彼は自分の影に命令する。

『横になれ、休息しろ、今夜また出発だ』

晩に、影はまた枝に登る、そして彼らは出発する。


恋する者は壁に書く。


自分の心臓を見たら、僕はもうあなたに微笑みかける事は出来まい。

彼はこの無月の番に働き過ぎる。

あなたの上に寝て、僕は凶報をもたらす彼の駆け足を待ち伏せる。



「詩集」-Gravite du coeur- (par Jean Cocteau) 訳:堀口大學
[PR]
by inei-reisan | 2015-08-19 06:10 | travel? | Trackback | Comments(0)

チェコ vol.4 チェコ人

e0211739_1614753.jpg


ひとりで旅をしたら、自分の引いていた線がまた向こうへポンと広がった気がする。
そんな大事じゃないけども、自分から見つけなくてはならなかったことで、
ひとりでいじいじしていることが多かった私には、それでもよい収穫だった。

e0211739_151274.jpg

ここの人は、真面目な印象の人が多い。がやがやしてる観光客の間を忙しく、寡黙に働いている人。
笑顔で教会を紹介する地元の案内、美術館の受付。


e0211739_1523431.jpg

一泊だけしたプラハのホテルでは(田舎とかドレスデンとか飛んでたので、プラハでは計4つのホテルに泊まった)、なんと泊まり客がおそらく私一人だった。
簡単なBBでたまたまサイトで見つけて泊まったんだけども、
田舎から到着したバスが8時近くだったので、遅くにホテルにチェックイン。
呼び鈴を鳴らすと、なんとも若い男の子が私を迎える。
彼一人しかいなくて、おそらくホテル番。英語も、ドイツ語もだめだったので、片言の言葉で会話をする。
ホテルは古くて、でかいビアホールみたいなレセプションと、レセプションはカフェとつながっており、そこが朝ご飯も食べれるらしく、さらに奥には酒瓶が並ぶバーのカウンターがあり、その奥のエレベータで2階の部屋に向かう。
またそのバーも手前だけ電気がついてて、彼の友達らしき人が一人飲んでいただけだったが、
そこまでの距離感も半端じゃない。
カウンターの奥には舞台らしきものがあって、真っ暗だが、天井にはバロックの彫刻だけうっすらと浮かび上がってた。


エレベーターは、年代物。スイッチを押し続けないと、途中でとまってしまうと説明をうけ、そう言っているとたんに、それは急停止。彼が話しながらボタンを離してしまったらしい。
笑いながら部屋に到着。

次の日の出発も朝早かったので、本当に素泊まりだったのだけど、
朝早いんだけど?っていうと、24時間あいてるから大丈夫との返事。
彼一人で夜番しているんだろうか。
朝出発が早かったため、すこし早く朝ごはんをお願いしたのだけど、寝ぼけた彼がやはりレセプションで待ってて、私だけのために朝ごはんを用意してくれた(コーヒーとお菓子と果物だけしかなかったけど、私的にはコーヒーが飲めればOK)
私が出かける頃に、掃除らしきアジア系の女の人が一人、ホテルに入ってきて、やっと彼は会話を始める。

よかった、彼もこれでひとりじゃない。

そう思って、私はドレスデンに出発した。
e0211739_15113176.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2015-06-06 15:49 | travel? | Trackback | Comments(4)

チェコ vlo.3 劇場

ミュンヘンに帰ってきたけども、ブログは続けます。


チェコの5月の天気はいったりきたり。
傘やら、Tシャツやら持ってきていた私は、準備いいじゃないとひとりごちてみたり。
今回の目的の一つは劇場と教会にいくことだった。
噂では東の劇場たちはかなり状態がいいまま残されているということだったから。
ここの人たちは、昔の人たちが芸術文化へお金をかけたのは半端じゃなかったみたいで、
その恩恵をいまの人たちも受けている感じ。

e0211739_1564552.jpg

人生初のちゃんとしたオペラを見てきた。
演目は、アイーダ。
緊張しまくって、前もってネットでストーリーを調べて、頭に入れていった。
字幕は英語とチェコ語。多分かなりセリフがようやくされているのか、歌いながら話すからほんとうにシンプルなセリフなのか、私でも十分についていけるテンポで。

e0211739_15232627.jpg



実はプラハには他にもいい感じに頑張った劇場があって、
ただどこも工事中で写真が全然とれなかったので、いかサイトからの転用。

チェコ人によるチェコ人のための劇場をー国民劇場。
e0211739_15302828.jpg




そして私の好きなミュシャが内装デザインを引き受けた市民会館
e0211739_15461774.jpg

ここは内部の見学ツアーに参加した。でも撮影がNGだったので、この素敵な内装を伝えられないのがもどかしい。

劇場は、バレエの先生に影響されてハマってきているのだけど、
実際その会場の舞台で立っている人の気持ちなんて、そんなに考えたことなかったなぁと。
たくさんのスポットライトをあびて、会場の奥まで見えてなんかいないんだろうけども、
見ているほうも素敵な建物でせめて楽しめたら、それはいい思い出の一部になるんだろう。

舞台の裏には過酷な訓練と、努力があって、
表ではにこやかに笑う、coolな姿を見せ、
それに魅了される観客たち。

なんて世界が一つの建物に詰まってるんだろう。
[PR]
by inei-reisan | 2015-06-04 16:01 | travel? | Trackback(1) | Comments(0)

ドレスデン 遠出

今回の旅はいつになくたくさんの美術館を回ってる。

それもそのはず、誰も私を止める人はいないから、
自由に時間を使って、心ゆくまで絵を鑑賞することができて、
私ってこんなに美術館がすきだったっけ?と気がついた。

大学生のときに一時期美術館にいくことを趣味にしてた時があったけ?
あのころの私のスタンスとして、見れるもの、考えるものがすべて勉強であるとしていたから、
それこそ東京の美術館から映画館、博物館まですべて荒らしていた。
結果それが身になっているかというとよくはわからないが、よくも飽きずに私はものを見続け、
感性を育てていたと思う。
いつからその感覚が薄れてきたかはわからない。
ただこの旅では、その興味が復活したらしく、あちこちの特に美術館を荒らしている。

美術館にいって、気がついたことは人にはいろいろな展示の見物の仕方があるということ。
人によっては、有名が絵があるとことまでスタスタと歩いてゆき、その前でパシャと写真をとり、またスタスタとどこかへ行かれてしまう人。入り口からじっくりと解説を読んで、そこで話し合っている老夫婦や、音声ガイドを元に絵の名前を訳し、首を傾げている人。
かとおもへば、まんなかのソファでガイドブックを広げて、目の前の絵に見飽きている人。
ほんとうに様々な人がいる。
それらの人を縫うように観光客がガイドと一緒に蛇のようにはって進んでいくのである。

私は、一番はじめのタイプを除いて、それらすべてを実行しているとも言える。ときどきガイドのいってる英語やドイツ語に耳を傾けながら(日本語は今回まだ一回もであってない)、だらだらと絵のなかをいったりきたり、時にはソファに座ったり、じっと真剣に考え事をしたりするのである。

多分美術館のなかにいたひとが私みたいに、すべてを実行しているのだけれども、一瞬を切り取って表現してしまっただけかもしれない。


さてこんだけ語った美術館巡りはなんと国境をまた超えて、ドイツのドレスデンを訪れている。
プラハからのドレスデンは車で2時間ほどなので、とても行きやすかったのだ。

ドレスデンに来て、心ゆくまで美術館で鑑賞して、また明日からプラハに戻ってまた美術館で鑑賞。
そして美術館で見たたくさんの絵や彫刻が、頭から離れず、夢にまででてくる始末。。。
あぁ、これが今の私の贅沢さなのかしら。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-28 05:09 | travel? | Trackback | Comments(0)

チェコ vol.2 落ち着く

プラハからバスで田舎に移動。

2、3時間もいけば、そこはなんと世界遺産がならんでいる。
アメリカ訛りの英語を話す人が異様に目につく。
これはアメリカ人なのか、現地の人なのか。

そういえばここの観光客はアメリカ人が多い。
ごく一部の人なのか、旅行熱が上がってきてるのか、
その分日本人が以前よりかなり減ってしまった。
いても、出張のついでだとか、カップルがちらほら。
日本人の団体旅行の人たちは今どこにいってるんだろう。
それとも旅行するお金を違うものに回してるんだろうか(iphoneとか)

ふいと入ってみた民族博物館で、なぜかインド、ネパール、中国などのの民族展示をみて、非常に興味深かった。

ŠANGRI-LA

輪廻転生がテーマだったのだけど、なぜかここに来てアジア熱が
刺激され、つくづく流されやすい性格だなぁと思う。
でも、民族の旅はきっと面白い。
病気だとか、貧困だとか引いてみても得るものがきっと大きいと思う。

e0211739_1763063.jpg



深夜の世界遺産をひとりてくてく。
光があのリヨンの街になんだかにてるのは、世界遺産の街に使われている光が指定されているからなのかな。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-25 17:07 | travel? | Trackback | Comments(0)

チェコ vol.1 旅に出た

ひとりごとが多い旅。

もうすでに一回レストランにひとりで入るのに拒否られた。

かつ、バスに乗り込むのに、急ぎすぎて
エスカレーターでこけそうになり、指をすりむいた。

なぜか止まった先の部屋を間違えられ、勝手にホテルの支配人に
部屋に入られ、荷物を移動させられた(これはクレームものだ)


ひとり旅は前から実は嫌ってた。その理由をよくよく思い出してみたら、
たしか10年以上前にオランダとベルギーにひとりで行ったとき、
楽しいことよりも緊張することが多すぎて、
気疲れしてしまったからだ。
なんて幼稚な海外経験だったんだろう。
といまは思う。

ふと見回してみれば、周りには家族づれや友達の旅行者ばかりで、
やっぱりひとり旅なんて気がふれただけに違いないと思う。

でもここでとことんひとり旅の良さを見つけてやろうとも思ってる。
終わってから、結局はどう思うのか、
それがいまから楽しみなのだ。



さてチェコの初日は天気がよかったプラハで1泊。

e0211739_3492860.jpg

天気のせいかどこも観光客でいっぱいで、もう落ち着かず、何がなんだかわからないまま
終わってしまった初日。

妹に送るために動画を撮ってみた。
しかしながら、動画については才能が全くないらしく、
ぶれるは、変な声が入るは、最悪な出来になってしまう。
しかもかなり重いデータになったらしく、メールで送れないという二重悲劇。
旅行できない彼女のために少しでも喜ばしてあげようとしている姉のジタバタなんだけども、
結構道は険しいらしい。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-24 03:54 | travel? | Trackback | Comments(0)

リヨン 続き2

もう一つのイベントはキャメルおじさん。

キャメルおじさんは私のリヨン時代の
大きな思い出の一つで、彼なしではあの極厳世界を生き残れなかっただろう。
なんていってますが、なんと世話好きのチュニジア人のこちらも元同僚。
おじさんは昔のブログには書いたのだけど、当時4人の子供がいて、今回再会したら
5人に増えた。

あの方々の暗黙の了解として4人は「普通」だが
5人は「いかん」だろう ということになるらしく、
できたばかりの頃は、おじさんは一人で
いかんだろういかんだろうとつぶやいていた。

e0211739_1641396.jpg


さて今回もやらかしました。
待ち合わせの時間に1時間経ってもこない。
この1時間にはいろいろ経緯があり、携帯の番号もあるし、SMS(ショートメッセージ)もおくれる状態だったし、場所の名前も間違ってないし、出る直前には確認メールまで届いてたし、
だからかなり心配ではあったのだけど、でも信頼してみたってみたのに。
ただこの1時間の理由は、こちらが向こうの電話番号を教えてもらってなかったこと。(何回頼んでも、教えてくれない、何でも過去(ウン十年前に)起きた浮気事件で電話番号の無駄な配布は禁止された模様なのである)

一緒にいた友達は愛想つかして、
駅構内のピアノ放棄されているところでピアノ弾きにいってしまったし、
私一人でおじちゃんを信じて待ち続ける。いや、ドイツからここまで来たのだもの、あわない訳にはいかん。

こんな光景、昔もあったなぁ。
あの時は家に戻ってSMSが入って、ごめんいけなかったとかだったなぁと
ぼんやり考えながら私も帰ろうと思って場所を離れたとたん、
電話着信の跡有。
すぐかけ直してみるとなんと彼の自宅からで一番上の娘が出て、

「とうちゃん反対側で1時間まってる。携帯忘れて、さっきとりに帰って、またいった」



なんでしょうね。おじちゃん。

まぁ、とにかく再会できて大喜び、彼のお家へご招待。
お家では娘4人が出迎えてくれ、たくさん食べて、お話しました。

奥様はなんか手術したあとばかりらしく、あんまり動くことができなかったけど、
その分たくさんのお手伝い(娘達)が家中うろうろして、結局夜ご飯までいただくことになり。
フランスのご飯は、ドイツの突然来客が長居したため、なにもないけど〜っと夜ご飯で出てくる、あたためたソーセージと黒パンと違って、(これはこれで私はすきだが)
なんと病人の奥様が、
そのときだけすくっと立ち上がり、いきなりパンの発酵から手作り、
チキンと豆の煮込みと、きちんと前菜も作り、娘っ子らがデザートを作ってくれて
大感激でした。

ドイツだと、うーん。それはありえない。
ひさしぶりの遠方からのお客様だったからでしょう、きっと。


さてキャメルおじちゃん、私ととっても仲がよくて、ほんとうにいろいろ話せる仲なのだけど、
最近はまってるbitcoinなるものをご披露。
残念ながらここ数年仕事が見つからないため、(まじめで、働きざかりなのに、ほんともったいない)
ネットでの別収入を計画中だとか。

ほんと彼にはお世話になったから、私にできる範囲でいつか
恩返しができればいいのだけど。

それにしても子供5人いて、職なしで生活できてるなんて、
やはりあっぱれ社会保障フランス大国。

リヨンで昼間っからお散歩してる中年おじさんがたくさんいるしな、
もしかしたらもしかするかもしれない。

e0211739_1663388.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2015-04-12 00:45 | travel? | Trackback | Comments(2)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30