カテゴリ:旧ブログ( 9 )

個人の歴史


e0211739_7354071.jpg


写真を整理してたらなんともなつかしい写真にぶち当たって
そのまま私は静止。

12年以上前にパリに住んでいた私はまさに家なしで
友たちの家からそのころ知り合った彼の家に住み着いた。

怖いものしらずで海外生活を軽く見ていた私は、
強がりで、意地っ張り。
どこまで他人に線をひいていいかわからず、
毎日もがいて生きていた。

携帯も、ネットもない世界。

一度街に出れば、私の世界はパリの街中だけで、
街の中の人たちを観察し、見よう見まねでフランス語を勉強し
世界で何が起きているかも
ちっとも気にせず、わかろうともしなかった。

朝から晩までフランス語を勉強し、
言葉を話なせないことを毎日後悔し。
毎日夕方にはセーヌ川とヴェルサイユ公園をみて過ごした。

今の私とあの時の私がいざ、いま対面したらどんな感じなんだろう。
まさかこんな人間に出来上がっているなんて
思いもしなかっただろう。

私にとってフランスはやはり特別な場所だ。
人生の挫折も、始まりもすべてあの場所から始まっていた気がする。



2006-10-14 17:47:50
白昼夢
テーマ:つれづれなるままに





今週末はひさしぶりに家でゆっくりしようと、朝からだらだらと。
下のキッ
チンであった人に年齢をきかれ、27歳といい、正体不明といわれ。
中国からひさしぶりにハウスに出戻ってきた友達とおしゃべりをし。

たとえば、
友達からの何気ないメールをすぐに返せなかったり、
電話に意味も無く出なかったり、
せっかく会ってもすぐ帰るといってしまったり
あのとき、ああいった一言をいつまでも悪い方へと考え込んでしまったり

そういう時期のストレスがすこし解消されてきて
優しい気持ちに徐々になってきて

なんでかなぁ。。
と思っていたら、そうだ。

またそろそろ私の心がフランスへ帰ろうと決心し始めているからなんだな。
私ってやっぱりfrancaiseかもしれない。

いつにしようかな。。




今日のおすすめ本:

詩人と女たち (河出文庫)

チャールズ ブコウスキー / 河出書房新社


[PR]
by inei-reisan | 2016-07-20 08:00 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

2006-10-27 21:47:43

日本人の感情
テーマ:日本の気になるもの


言わなくても分かる感情=雰囲気で察する心


心とうらはらな表現方法=本当は好きなのに、素直に言えない心


繊細な描写
心のわずかな揺れ





日本らしい映画と言えば、やはり小津さんの映画は欠かせない。
大学時代にみた、それは座敷にすわり、静かに食事をする二人。
私に衝撃をあたえた映画だった。


白黒なのに、女の人の美しさや、色気がにじんででてきていて
ほとんど台詞がない映画なのに。


e0211739_17451138.jpg


なによりも物語をかたり続けている


残念ながら、そのときみた映画のタイトルは忘れてしまったのだが、どうしても忘れられないその座敷のシーンと、ゴダールのこの映画が重なってしょうがない。






気狂いピエロ


常夏の海での二人のシーンと、


e0211739_17454372.jpg

なんだか重なってしまうのだ。



日本のあんな独特の感性がそんなところから感じとれたりする。



でね、こんな感じ。




諸 君はまたそう云う大きな建物の、奥の奥の部屋へ行くと、もう全く外の光りが届かなくなった暗がりの中にある金襖や金屏風が、幾間を隔てた遠い遠い庭の明り の穂先を捉えて、ぼうっと夢のように照り返しているのを見たことはないか。
その照り返しは、夕暮れの地平線のように、あたりの闇へ実に弱々しい金色の明り を投げているのであるが、私は黄金と云うものがあれほど沈痛な美しさを見せる時はないと思う。



e0211739_17461994.jpg


そ れだから、これは私一人だけの感じであるかも知れないが、およそ日本人の皮膚に能衣裳ほど映りのいゝものはないと思う。

云うまでもなくあの衣裳には随分絢 爛なものが多く、金銀が豊富に使ってあり、しかもそれを着て出る能役者は、歌舞伎俳優のようにお白粉を塗ってはいないのであるが、日本人特有の赧みがかっ た褐色の肌、或は黄色味をふくんだ象牙色の地顔があんなに魅力を発揮する時はないのであって、私はいつも能を見に行く度毎に感心する。

e0211739_17465083.jpg





昔 の女というものは、襟から上と袖口から先だけの存在であり、他は悉く闇に隠れていたものだと思う。当時にあっては、中流階級以上の女はめったに外出するこ ともなく、しても乗物の奥深く潜んで街頭に姿を曝さないようにしていたとすれば、大概はあの暗い家屋敷の一と間に垂れ籠めて、昼も夜も、たゞ闇の中に五体 を埋めつゝその顔だけで存在を示していたと云える。

……鉄漿などと云う化粧法が行われたのも、その目的を考えると、顔以外の空隙へ悉く闇を詰めてしまおう として、口腔へまで暗黒を啣ませたのではないであろうか。

e0211739_17492089.jpg



夜 光の珠も暗中に置けば光彩を放つが、白日の下に曝せば宝石の魅力を失う如く、陰翳の作用を離れて美はないと思う。

つまりわれわれの祖先は、女と云うものを 蒔絵(まきえ)や螺鈿(らでん)の器と同じく、闇とは切っても切れないものとして、出来るだけ全体を蔭へ沈めてしまうようにし、長い袂や長い裳裾で手足を 隈の中に包み、或る一箇所、首だけを際立たせるようにしたのである。

e0211739_17503396.jpg



わ れらの祖先の天才は、虚無の空間を任意に遮蔽して自(おのずか)ら生ずる陰翳の世界に、いかなる壁画や装飾にも優る幽玄味を持たせたのである。

これは簡単 な技巧のようであって、実は中々容易でない。たとえば床脇の窓の刳 り方、落懸(おとしがけ)の深さ、床框の高さなど、一つ一つに眼に見えぬ苦心が払われていることは推察するに難くないが、
分けても私は、書院の障子のしろ じろとしたほの明るさには、ついその前に立ち止まって時の移るのを忘れるのである。

e0211739_17444471.jpg



も しあの陰鬱な室内に漆器と云うものがなかったなら、蝋燭や燈明の醸し出す怪しい光りの夢の世界が、その灯のはためきが打っている夜の脈搏が、どんなに魅力 を減殺されることであろう。

まことにそれは、畳の上に幾すじもの小川が流れ、池水が湛えられている如く、一つの灯影を此処彼処に捉えて、細く、かそけく、 ちらちらと伝えながら、夜そのものに蒔絵をしたような綾を織り出す。


e0211739_1751596.jpg








ここまでついてきちゃいましたか..(笑)
ね?色っぽいでしょう?




文章
陰翳礼讃 谷崎 潤一郎



画像
Pierrot le fou (1965) Directed by Jean-Luc Godard
[PR]
by inei-reisan | 2015-02-01 17:52 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

2009-07-23 08:17:14

鎖骨
テーマ:大事な感情に水をやろう




骨がでている女のひとが、なんだかすきだ。 
鎖骨は
尚更好きで、困ってしまう。




小さいころお母さんと一緒に入ったお風呂では、
やっぱり鎖骨がくっきりと浮き出ていて、
そこに水をためて遊ぶのが好きだった私。


ときにはそこにおもちゃの船をうかばせた。
この鎖骨がへこんでちょうど三角形になっているのが、
なんだかほっと安心するのだ。




好きなひとの大きな背骨もいい。

抱きしめられると、大きい背骨をすうっと、
なぞりたくなる。


骨フェチといえようか。


祖父が亡くなったとき、焼かれた骨はでっかく、しっかり残っていて、
頭蓋骨もおおきくて、骨のお話をたくさんした。

鼻が大きくて、それがしっかり残っていて、
そんなに立派なので、終いには砕いてしまうのが
なんだかついにはみずからの存在の形を失ってしまうようで、
むなしかった。




いつか私が屍になったら、骨を砕かないで,
いつもすきな人のそばによせて。




骨フェチからのお願い。(笑)

[PR]
by inei-reisan | 2015-01-06 16:30 | 旧ブログ | Trackback | Comments(2)

2005-10-05 20:11:53
work
テーマ:職
仕事について             
e0211739_4553152.jpg



自 分の大好きな事を仕事にするのは一番の理想だけど,たとえ無事その仕事に就いてもいつまでも燃え続けなければならない。学生時代よりたくさんの尊敬すべき 方々が目を輝かせて仕事の内容を語っている姿をみてきた。年齢問わず、みな心から子供の顔にもどる。種は様々。自分で内装を手がけた店を見せてくれたり、 舞台の上から手をふってくれたり、外で取って来た映像をこっそり見せてくれたり、自分の収録した放送を一緒にききいったり。もちろんその裏側には数えきれ ない悔し涙と、いきどおりと笑い顔が詰まっているのだと気づかされる。輝く光は幾重にもひろがり、ひろがり、皆を照らす光源となる。光さえあれば、光さえ あれば。
遠く空にうちあげよう。

Shall we dance?

2005-10-14 22:58:37
組み合わせ
テーマ:a pari
             
 化学反応を起こすように物事はぶつかり、常に火花を散らしているのだから、どこをみても私たちの世界はまぶしい。

今日一緒にいた人と歩いていた道ばたで音楽がかかっていて彼女は
「懐かしい」の一言。
私がいつこの音楽がはやったのか聞くと、「私がロンドンに居た頃、どこでもかかっていたわ。でも音楽に古いなんてもう存在しないのよ」
と。
私がいいと思うものも考えていれば時代なんて結局は気にしないものだ。(今,はまってる文庫なんて文末が候だもんな)
懐かしい片手辞書に、
「心が引かれる、しっくりしている」。。このあたりは共感できる。
はて、「そばについていたい、かわいい、愛しい」

すっかり過去の言葉としてそれを利用していた私は、ついつい考えさせられた。
懐かしい人とは、、どういうひとなのだろうか。。

Missing:
How can we recognized the phrase  I miss you..


e0211739_521994.jpg





2005-10-25 17:19:33
私は入道雲
テーマ:気に入った感情

朝電車に乗っていたら、窓の外に美しい雲があった。電車のスピードに合わせて流れてゆき、一気に後ろのほうへと流れていく。その瞬間以前いただいた年賀状のフレーズを思い出す。
「今年は羽根雲になろうと思う」
羽根雲?
調べてみると雲にもいろいろあるらしい。基本種と変種、、副変種。ふむふむ。。
蜂の巣状雲、乳房雲、霧状雲、尾流雲、ちぎれ雲。
このあたりはなじみがまだある。ジェット雲、消滅飛行機、黒猪、風の伯爵夫、山かつら、蝶々雲、、この辺はきいたことないなあ。


彼女がなぜ年賀状のフレーズにこの雲を選んだのか。私にはわからないが何かを伝えたかったのはたしか。
私にとって、彼女は2倍ぐらいの年の離れた大先輩だったのだけども、それでも一人で二人の子供を育てながら、建築のプランを片手に企業へ切り込んで行く姿は壮観であった。
そして、先輩であると同時に、友人であり、母親でもあったのだがいずれにしろ大変お世話になった方であった。
彼女に聞いた事がある。
「なぜ子供を産もうとおもったの?」
「一から生命を育てる事が,私の必要な事だし、ものを作る共通のことだとおもったからね」
そしてこんな私を個人として尊重してくれた人でもあった。
いまはどんな形の雲になり、太陽に巻きつき、雨を降らし世界を漂っているのであろうか?
私は今日も彼女の雨を浴びる。ああ、あの頃あの時に彼女に会えた幸せよ。
こんなにも私は大きくなりました。

e0211739_5104799.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2013-09-05 04:56 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

エジプトへ再び

今月は無職期間なので、ぽっかり時間ができてしまった。
来月からまたがっつり働く予定になったので、
その前にどっか行こうと
計画をたてたのが再びエジプト。

でも今回はシナイ半島のしかも一箇所バカンス型なので、
たいしてエジプトでもないのだけど、
今の私には嬉しい限りのご旅行。

実は数年前6週間という予定でエジプトを
旅行した。
そのときのブログは消してしまったので
PCに残っている記事を少しUP。

2010-02-21 17:13:40
EGYPT Vol.1
テーマ:旅記

空港を出ると空気が熱い。熱風と砂埃の中私は飛行機から放り出された。
出発時の気温マイナス7度。到着時の気温23度。
なんと温度差30度以上。。。
こんなはずじゃなかったのになぁ。今度こそは相棒と一緒に空港に降り立ちたかったのに。
やっぱり私たちの旅行運はついていない。
飛行機をおりてすぐトイレに駆け込むと、すでにそこはエジプト風にバクシーシ(チップ)をねだる掃除婦に遭遇する。
まだあきらかにわれ等はエジプトポンドに換えてもいないのに、なんでこの人はチップをねだるんだろう?
どんなお金でもいいからという彼女に私は10CENT。エジプトでそれならサンドイッチが買える。

まあ、それはさておき。


空港で幸運にも友達に迎えにきてもらった。
荷物を持ってシャトルバスに乗り込むと、後から後からとエジプト人も含めて乗り込んでくる。
もう当にバスには乗り切れないほどすしづめなのに、まだまだ乗ってくる。
運転手がついに切れる。
多分、もうこれ以上乗ってくるんじゃねぇ!とアラブ語で叫んでいる。

でもさらに乗ってくる。現地人。
最後には扉が閉まらず、扉あけたまま、足をひっかけ乗り込んだ。

さすが。


私も次回はそれをやってみようか?いや、間違いなく振り落とされるな、私。



でもまけるな私。笑。



2010-03-24 19:26:56
EGYPT Vol.1.5
テーマ:旅記
前回の更新から早一ヶ月もたとうとしています。
皆様お元気でしょうか?


現地点、紅海周辺のDAHABにてお魚満喫中。いやぁ、海青し。
あと一週間でドイツに帰るかと思うと、ちと気が重し。。
毎日、朝から巨大スピーカーで流されるコーランを聞き、からからの空気の中で目覚め、朝ごはん。
ここのカフェはいまいちな薄さで、ヨーロッパの香りを懐かしみながら、
シャイを飲んでおります。
再度お昼寝。あぁ、素晴らしかなバカンスよ。
私の座っている席の奥では、やはり眠そうなわんこたちが
席を陣取っているのがみえます。
この国ではあちらこちらに、野良犬というか、野良猫というべきものかが、
転がっており、地元の人たちもなんとなく彼らを飼っているというよりか
そこにいる存在を認めているという感じ。


すべてが、インシャラー(神のみぞ知る)で、共存しております。

ただただ焼けた肌が残らぬよう日焼け止めを塗りたくっておりますが。
(日に焼けると、私の肌は半永久的に色素が残りますゆえ)


次回は帰国してから写真等含めて記事アップしますね。


EGYPTより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれからもう3年もたつのか。。
旅行やっぱり好きだな。ヨーロッパに住むと近いのになかなか
離れなくなるのよね。


自己流遺跡ランキングも見つけたので、次回にUPします。




e0211739_15423251.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2013-05-13 15:45 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

多面的に

物事を考えるということを、
しばらくしてなかった。
それは物を作り出すという機会が少なくなってきているからで、
その方面の刺激が減ってしまったのが原因だったのだけど、
ここにきてこれでもかと物を作ることを要求されている。
ここ数ヶ月で私の頭は2転3転
出してはたたいてつぶしての繰り返しあり、
それが無性に楽しくてしょうがないから、
やっぱり私はこういうことに向いているんだな
っと実感する。

叩いてはつぶす。

またにょきっと現れては
それをこなごなにする。

そんな作業をまた多面的に考えてみたら、
人生も結局はそんなもんじゃないかと
思い始めた。

まあ人間関係はそんなに簡単には
作りなおすことはできないけれど、
人生という点では
何回も何回も私達は練り直している。





話変わってアメーバブログ復活です。


http://ameblo.jp/ineireisan

一方通行もなんなので。

何事も多面的にね。
[PR]
by inei-reisan | 2012-11-24 04:58 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

2006-04-24 11:10:20

beaucoup
テーマ:ことば

e0211739_222507.jpg


記憶の中に生きるのは容易いことだけど、
なるべくこの瞬間に目を向けようと思う。 一回完璧な瞬間を得てしまうと、 なかなか残像がきえずいらいらしてしまうのだけど・・ 本日の言葉 「je t'aime」 この一語だけで愛しているという意味になります。 英語で言う「I love you」ですね。。。 しかし英語にはこれには修飾語をつけませんが、フランス語には「very」の意味の「beaucoup」を後ろに付けることがあります。 「je t'aime beaucoup」 これだと愛の言葉ではなくなってしまうのです。なぜ「とても」という修飾語を付けた愛ではなくなってしまうのか。。 謎ですね。。 それは愛ははかり知れないものという彼らの考え方がものすごく表れています。 愛に「とても」ということはないのです。 愛か否かそれだけを表現することになります。 もし相手に「je t'aime」といわれたとしたらしばらく待ってみて心の中で’beaucoup’といってないか相手の目の中をみつめて確かめるのも手かも知れませんね(笑) そのぐらい覚悟がいるフレーズとなります。 実際、私もよく心のなかで’beaucoup’とつぶやいていると、よくしかられましたから・・(苦笑)
[PR]
by inei-reisan | 2011-11-17 02:23 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

2005-10-02


幸福論

幸せについての否定的な考え方は多い。
 自分の感じている幸せを疑う、自分が味わった幸せの価値を低く見る、自分の持っている幸せを楽しむより失うことを恐れる、大きな幸せの中の不幸な部分をあら探しする、明日の幸せを信じない。
 ある程度の幸せを経験しただけで、もうすべての幸せの正体をわかったと思う。幸せなんてこんなものだ、たいしたことはないと思う。そういう幸せしかない人生なんて空しい。挙げ句の果ては、すべての幸せを否定して、生きることの本質は不幸と考える。

幸せを信じない者は、幸せを損する。(バートランド・ラッセル 『幸福論』CH.10)

ラッセルの言葉はなんかいいですね。あまり哲学書を読まない私でもジンとくるときがあります。
幸せという言葉を人一倍よく使う私は、もっと勉強しなくてはとおもいます。その意味を。
[PR]
by inei-reisan | 2011-05-09 01:53 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

さて


旧ブログ


あたらしいブログをはじめます。
[PR]
by inei-reisan | 2010-10-18 16:52 | 旧ブログ | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31