<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

踊る

最近また小さな卑屈な感情が浮き沈みしていて、実はそんな自分に困っていて。
体も正直みたいで、また見事にぶっ倒れて、
来週まで病欠。

鍛えてきたはずの私の心は常に気をつけてあげないと
ほんとうに繊細のようで、
それをこのダウンで実感。

体の症状は胃がきりきりと痛んで、立てなくなり、
背中と胸の筋肉が石のように張ってしまい、
昨日かかったお医者様が私の肩を触っただけで、
うわぁっと驚かれた。

本当に踊りのように、うわぁっと後ろへジャンプした。笑。

なぜにこんなにストレスが溜まるようになってしまったのだろう。
いくつか思いあたることはあるけども、
私の体を過信しすぎていただけなのだろうか?

とはいっても自分のストレスは自分で改善するしかないわけで、
ながい付き合いになりそうです。

あぁ、健康黄金時代よ!
[PR]
by inei-reisan | 2013-03-29 17:14 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

夢の痛み

よく怖い夢を見ると、いやな夢をみると
おきてもしばらくそれが残って、
気持ちが落ち込むことがあるけど、

この間あった人はいやな夢をみてまだ心が痛いといった。
そんなこともあるのかと
よほどそれほどつらい夢を見たのだろけど、
私はそれ以上問いたださずに
ただ肩をさすってあげるだけだった。

夢の中まで私は入りこむことはできないし、
(夢探偵という映画、そういえばあったな。)
それだけその人がセンシティブなのはよく知っていたから、
そういうときに適した言葉を見つけられないのが
今の私なのだった。

ただ自分の経験上、夢は今の自分の意識、無意識とつながっていることが
よくあるから、毎日毎時間をなんとかして切り開いていけば、
そんな夢を見ることもすくなくなるんじゃないかと信じている。
そんな私の考えも、そのひとはよく気づいている。

私があの人の夢の中に出る日は来るのだろうか?
だとしたら、つらい夢には出演したくないな。

楽しい、嬉しい夢の記憶でありたい。



[PR]
by inei-reisan | 2013-03-28 05:18 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

HOME




気がつくと国をばたばた動いていた私はまったく物に執着しなくなってた。
そして住む場所も、まあ寝れればいいやっと、見つけた安い寝床に転がり込んで
スーツケースの中身はいつもたんす代わりとなっていた。
そうやって生きてきて、早くも10年以上もたっていたのだけど。

どうやら私にも一つの場所にとどまる時期が近づいてきたようです。

長い間夢も見てた自分の住むという場が決まった気がします。
というと大げさなんだけどね、要は一人で住めそうなアパートが決まりそうってだけなんだけど。
どこもそうでしょうが、ミュンヘンでの家探しかなり過酷になりつつあります。
一人部屋でも東京並みに家賃が高いこのご時勢、
知り合いづてにわたってきたので、感謝するばかりです。

でもなんだかあんな広い場所に一人で住むなんて、
どうしよう。

たいした家具もないし、
部屋の角で丸まって寝てそう、私・・・


読者の皆様、いつでも遊びにきてください。。
[PR]
by inei-reisan | 2013-03-26 02:53 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

外は雪。なぜ?

今は3月末。なのに、おきたら雪が積もってる。
なぜ???

今日やっと滞在許可の更新ができました。そうはいっても6ヶ月のみ。
また6ヵ月後には新しい仕事場を探して更新しなくてはならない・・・
外国人局との戦いは多少なれてきたとはいえ、やっぱり掛かる手間と、
お金を考えると、はやくビザがなくなればいいなあとも思ってしまう。


みんなが世界市民になればいいのに。



こんな寒い日のお休みにはおうちでゆっくりしよう。
読みかけていた本の続きが手に入って、
嬉しい限りなので。

だったらBGMはこれかな?


[PR]
by inei-reisan | 2013-03-25 17:53 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(2)

健康が一番

と昔からよく言ったものである。
仕事がら体を壊すと一発で動けなくなるので、
ここ数年気をつけていたのだが、ここにきてその数年のつけがきたのか、
一気にぶっ倒れて一週間お休みした。

e0211739_4363471.jpg


結果わかっていたことでもあるが
いくら体を壊しても頭は動いているから、なんともジレンマで苦痛なのである。
そんなことを入院した母もいっていたけど、
今回でさらに実感。いやはや動けないってものすごい私にとことん合わない。

いつらベットでじっとしていろといわれも、無理なものは無理なのである。
ということでこっそり、家に友だちを呼んだり、深夜抜け出したり、
部屋をうろうろしてたりしてたのは、この私です。

近所の皆様。不良病人でどうもスイマセン・・・


e0211739_4404530.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2013-03-10 04:43 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(2)

To Rome with Love

大分前にみた映画なのだけど、実は初めてこの監督の映画をみて
彼の作品おもしろいなあと、実感した。



それからなんとなく彼の作品を見つけてはみるようになったのだけど・・・
じつはあのパリ物語もまだ見てないから、次はあれをみるかな。
あんな風にたくさんの人生物語をみるとまた励まされるなあと思う。
一つ一つの人生は本人にとって大問題なのだけど、
それが組み合わされて、大きな世界を上からひょいと覗けば
じつはそれがなんとも人間で、それが人間らしさなのだと
実感させられるのだ。

生か死か、それが究極であり、それを選ばない限り
(いやときにはそれも人生問題の一部となりえるけど)
あとの流れは切れ切れでも流れてゆく。

だったら悲も笑も苦も楽もすべて

たのしもうではないか。
[PR]
by inei-reisan | 2013-03-08 15:29 | 映画 | Trackback | Comments(0)

魚座の強さ

e0211739_2334161.jpg


なんだか周りの水に飲み込まれそうになってる数日。
なんとかここは魚座の強さで持ちこたえなければ。


ミュンヘンではお天気のいい日が続いています。
それも雲ひとつない晴天。
なんでもこの天気も今週だけでまた来週は曇り空に戻ってしまうのだとか。
そんな貴重な天気を利用しないわけにはいかないと、
外に繰り出すミュンヘン人たち。

わたしも病気じゃなきゃ思いっきり外で遊びまくるのに。
っていい30超えた女がいう台詞ではないんですかね。
体を壊した理由も超過のストレス。
ここ最近胃が痛い日々を送り続けていたせいか。。

いつまでも若くはないなぁと実感します。
男の30越えは遊び盛りなのにね。なんでこうも男と女で体が違うんだろう。
ときどきあの男の人の体がうらやましくなる限り。。
そしてこの女の体が疎ましくなる限り。
[PR]
by inei-reisan | 2013-03-07 23:12 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

カターニャの魚市場


人生でやることは山のように見えているのに、
いつまでたってもその地点まで追いつかない気がする。
ここまでいけばこんな問題が浮上して、それを乗り越える覚悟が必要で
そんなことばっかりが目には見えているのに、
どうしてもそこまで行き着いてないのは、自分の力の足りなさか、
それともそういう運命なのか。


e0211739_22422947.jpg



カターニャで真っ赤な魚市場をみる。それは大きな大きな野外市場で
見て回るほうも、どの店も同じに見えてくるぐらいで
いろんな種類がならんでだ。

e0211739_2234558.jpg


きりとられた赤身はなんだかどこかの死体置き場みたいで、
真っ赤なテントの下でこうやって並べられていると
気味が悪かった。

e0211739_22455930.jpg



でもこういうのを見ておいしそうといってしまうのは
実は海の味をしっている、漁民の血なのかなとも思ってしまう。

そういう血みどろの世界も平気で見れてしまう
民族は、

実は中身までしっかり見つめていれて
腰が据わっているのだろう。




e0211739_22552061.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2013-03-06 22:34 | travel? | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31