ドレスデン 遠出

今回の旅はいつになくたくさんの美術館を回ってる。

それもそのはず、誰も私を止める人はいないから、
自由に時間を使って、心ゆくまで絵を鑑賞することができて、
私ってこんなに美術館がすきだったっけ?と気がついた。

大学生のときに一時期美術館にいくことを趣味にしてた時があったけ?
あのころの私のスタンスとして、見れるもの、考えるものがすべて勉強であるとしていたから、
それこそ東京の美術館から映画館、博物館まですべて荒らしていた。
結果それが身になっているかというとよくはわからないが、よくも飽きずに私はものを見続け、
感性を育てていたと思う。
いつからその感覚が薄れてきたかはわからない。
ただこの旅では、その興味が復活したらしく、あちこちの特に美術館を荒らしている。

美術館にいって、気がついたことは人にはいろいろな展示の見物の仕方があるということ。
人によっては、有名が絵があるとことまでスタスタと歩いてゆき、その前でパシャと写真をとり、またスタスタとどこかへ行かれてしまう人。入り口からじっくりと解説を読んで、そこで話し合っている老夫婦や、音声ガイドを元に絵の名前を訳し、首を傾げている人。
かとおもへば、まんなかのソファでガイドブックを広げて、目の前の絵に見飽きている人。
ほんとうに様々な人がいる。
それらの人を縫うように観光客がガイドと一緒に蛇のようにはって進んでいくのである。

私は、一番はじめのタイプを除いて、それらすべてを実行しているとも言える。ときどきガイドのいってる英語やドイツ語に耳を傾けながら(日本語は今回まだ一回もであってない)、だらだらと絵のなかをいったりきたり、時にはソファに座ったり、じっと真剣に考え事をしたりするのである。

多分美術館のなかにいたひとが私みたいに、すべてを実行しているのだけれども、一瞬を切り取って表現してしまっただけかもしれない。


さてこんだけ語った美術館巡りはなんと国境をまた超えて、ドイツのドレスデンを訪れている。
プラハからのドレスデンは車で2時間ほどなので、とても行きやすかったのだ。

ドレスデンに来て、心ゆくまで美術館で鑑賞して、また明日からプラハに戻ってまた美術館で鑑賞。
そして美術館で見たたくさんの絵や彫刻が、頭から離れず、夢にまででてくる始末。。。
あぁ、これが今の私の贅沢さなのかしら。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-28 05:09 | travel? | Trackback | Comments(0)

チェコ vol.2 落ち着く

プラハからバスで田舎に移動。

2、3時間もいけば、そこはなんと世界遺産がならんでいる。
アメリカ訛りの英語を話す人が異様に目につく。
これはアメリカ人なのか、現地の人なのか。

そういえばここの観光客はアメリカ人が多い。
ごく一部の人なのか、旅行熱が上がってきてるのか、
その分日本人が以前よりかなり減ってしまった。
いても、出張のついでだとか、カップルがちらほら。
日本人の団体旅行の人たちは今どこにいってるんだろう。
それとも旅行するお金を違うものに回してるんだろうか(iphoneとか)

ふいと入ってみた民族博物館で、なぜかインド、ネパール、中国などのの民族展示をみて、非常に興味深かった。

ŠANGRI-LA

輪廻転生がテーマだったのだけど、なぜかここに来てアジア熱が
刺激され、つくづく流されやすい性格だなぁと思う。
でも、民族の旅はきっと面白い。
病気だとか、貧困だとか引いてみても得るものがきっと大きいと思う。

e0211739_1763063.jpg



深夜の世界遺産をひとりてくてく。
光があのリヨンの街になんだかにてるのは、世界遺産の街に使われている光が指定されているからなのかな。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-25 17:07 | travel? | Trackback | Comments(0)

チェコ vol.1 旅に出た

ひとりごとが多い旅。

もうすでに一回レストランにひとりで入るのに拒否られた。

かつ、バスに乗り込むのに、急ぎすぎて
エスカレーターでこけそうになり、指をすりむいた。

なぜか止まった先の部屋を間違えられ、勝手にホテルの支配人に
部屋に入られ、荷物を移動させられた(これはクレームものだ)


ひとり旅は前から実は嫌ってた。その理由をよくよく思い出してみたら、
たしか10年以上前にオランダとベルギーにひとりで行ったとき、
楽しいことよりも緊張することが多すぎて、
気疲れしてしまったからだ。
なんて幼稚な海外経験だったんだろう。
といまは思う。

ふと見回してみれば、周りには家族づれや友達の旅行者ばかりで、
やっぱりひとり旅なんて気がふれただけに違いないと思う。

でもここでとことんひとり旅の良さを見つけてやろうとも思ってる。
終わってから、結局はどう思うのか、
それがいまから楽しみなのだ。



さてチェコの初日は天気がよかったプラハで1泊。

e0211739_3492860.jpg

天気のせいかどこも観光客でいっぱいで、もう落ち着かず、何がなんだかわからないまま
終わってしまった初日。

妹に送るために動画を撮ってみた。
しかしながら、動画については才能が全くないらしく、
ぶれるは、変な声が入るは、最悪な出来になってしまう。
しかもかなり重いデータになったらしく、メールで送れないという二重悲劇。
旅行できない彼女のために少しでも喜ばしてあげようとしている姉のジタバタなんだけども、
結構道は険しいらしい。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-24 03:54 | travel? | Trackback | Comments(0)

日本語とかとか 

最近いろいろと日本語を聞かれるせいで、自分の語彙力が落ちまくっているのを感じる。
これはパソコンを使っているだけではなくて、
実際に友達どうしでなあなあな日本語を使って、それに慣れてしまているのが原因なのだけど、
一生懸命勉強しても、人間の頭なんて(いや自分の)こんなもんかと思ってがっかりしている自分もいるのだ。

難しい本もそんなに読まないし、日常会話で使う言葉は限られている。
頭の中の漢字なんできっと二千語あったらいい方なんじゃないか?と思うとあの小学校の時の苦しさは一体何だったろう。

ただ、だからといって言葉が知ってて、使うのがうまくなれば、それでいいのかというと、そうでもないらしい。
言葉を知っている上で、いかにセンス良く使うかというのがキーポイントになる。
仕事でつかう正しい表現は、間違いなく美しいし、小説の中のへんな言い回しも、話の流れによっては美しくなる。
人は文章一つに、感動したり、力をもらったりするもんだから、だからこうやって日本語が出来なくなっている自分にも後悔するのだ。


猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

小川 洋子 / 文藝春秋





最近読んでる本は、生まれたときから口がくっついていた男のこの話。
手術で切り離されても、彼の言葉はそんなに多くは発せられない。
彼からは、そんなに言葉は、多くはでてこないの。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-17 21:35 | 言葉 | Trackback | Comments(0)

ミュンヘン夜散歩


ドイツは今日は祝日。
休みの朝に、久しぶりにネットをしてると、教会の鐘の音が聞こえてくる。



さて、昨夜は気の合う友達とミュンヘンの夜を散歩する。
先日まで熱風のような天気が続いたのだが、昨夜の天気は散歩に最適、いいかんじ。

この時期にしかたべれない白アスパラを食べて、二人とも大満足。
美味しい酒飲んでさらにテンションがあがり、夜の街散歩から公園散歩。

ただカメラを持っていかなかったから、どこかのサイトから夜の公園の写真を拝借しよう。

e0211739_16191751.jpg


市役所の裏にある公園はResidenzという建物に面している公園で、
この写真の真ん中では夜ときどき一般の人が
踊ってる。
そうタンゴとかペアダンスの同好会みたいなものらしい。

そのときの写真もどこかから拝借。

e0211739_162222.jpg


じつはこれをやってるかも〜と酔っ払った二人が覗きにいったのだけど、
昨夜はお休み、ひっそりしてた。
私一人じゃちょっと広い空間は、なんだか踊りだしたくなる空間。

散歩は継続、そのまま公園をふらふらし、途中で雨にも降られ、
光輝くBayerische Staatskanzleiの前にたどり着く。
この建物の前の緑の中には、バイエルンの兵隊さんの銅像が
ひっそりと置いてある。

夜にそこに入ったのは初めてだったのだけど、
赤い火が一つ燃えて、その場所を照らしていた。


だれもいなくて、とても静かで、長く住んでても、
こうやって足で歩くと、まだ知らない場所がたくさんある。

だから散歩がすき、特に夜散歩はほんといい。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-14 16:35 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

投石

そういえば、先日人に言われたのは、

私は石を投げるのが似合ってる。

だそうで、びっくりして一瞬静止してしまった。

石を投げる。。
そんなことを小さいとき以来したことはないが、私は実は石を投げまくっているんだろうか。いろんなとこで食いついて、牙を剥いたりしてるから、投げるのが似合うんだろうか?
よくわからない。

ただ最近私にあう人は思ったよりすくないんだろうなぁと気がついた。
変わっているというよりは、取り扱い注意人物ってかんじなんだろう。



e0211739_1674415.jpg




ミュンヘンは今日も快晴。
バレエで踊ってきます。最近また回れるようになったの。
[PR]
by inei-reisan | 2015-05-10 16:06 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

また遠くへ

一人で今度は旅をしようと企んでる。

これはどこからともなく湧いてきたアイデアで、
一人で旅しちゃったら、ご飯も一人だし、どこいくにも一人で決めなきゃいけないし、
何と言っても心細いしっと、回避していたことだったのだけども、

でもこの際一人でなんでもできるようにならないと
私いけないんじゃないかっと思ってしまったのだ。
旅にいくたびに私は、結構いろいろ吸収して戻ってきているのだし、
たびに行ける自由があるうちは使っておかないと
いけないのだ。

さて、出発を決めてからバスのチケットを買うまでは早かったのだけども、
そこからが悩みまくってる。

この際だから、文明から思いっきり切り離して、大量の本を担いでいこうか?
いやそれでは一人で持ち歩くには重すぎる。

この際だから、日頃いかないような場所に飛び込んでみるか。
いや、やはりそんな勇気なんてありゃしない。

この際だから。。

こうやって思いつきが続くのがまた旅の用意の楽しいときなのだきっと。

まぁしばらく妄想大会で楽しみます。


e0211739_6533879.jpg

[PR]
by inei-reisan | 2015-05-08 06:54 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(3)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30