<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

散歩1

元気のいい大家さんに私はまた誘われついてゆく
近所の散歩は終わりを知らず、
散歩に誘う方も誘われる方も
この天気でそのこと自体がすっかり気に入っている。

ただ自転車でうろうろする分、私の顔は真っ黒で、どうしようもなくいってもいない
バカンス感が出てきてしまっているが。。

e0211739_0452286.jpg

勢いで彼女が思い出したフランボワース狩り。本当は野鳥を見に、
池の沼地に行ったはずが、
手の中フランボワースでいっぱい。
自転車でがたごと揺られて持って帰ったら、
ぜーんぶ潰れて、なんとジャムみたいになっちゃった。
大家さんと二人で、オーマイゴットのポーズ。。

e0211739_0461743.jpg


橋の下には、夏だけ立ってる仮説のビーチがあって、バカンスに行けないオランダ人が
日光浴してて、微笑ましい。
こんなに暑くなることがヨーロッパ自体珍しいから、
暑さに慣れてない人は、あちこちでひいひいいってる。(私もその中の一人)

e0211739_0464260.jpg

自転車でついた先には、工場の跡地を改造した建物がここにはたくさんあって、
その一つに連れて行ってもらう。
ここは総合施設で、オフィスやらバーやらなんでもあった。
建築家でもあった彼女は、私と話があうと、思う。

e0211739_047151.jpg

缶詰工場のあとはこんな感じに改造されていて、
いまでもでっかいパイプが残ってる。
大家さんの前の旦那はこの工場で働いていたらしいけど、
前は一回も来たことなかったのにねぇと。そんなものなのかしら。



e0211739_0474914.jpg

でっかいコンクリートの円形状はやはり工場のあとのもの。
その中をずんずんと進む大家さん。たくましい。
向かっている先は、家具のリサイクルショップ。


また誘われるかな。散歩。
昼過ぎが彼女のターゲットだから、なかなか気が抜けないこのごろ。
[PR]
by inei-reisan | 2016-08-27 00:59 | オランダ生活 | Trackback | Comments(0)

食熱


e0211739_5181042.jpg


外食が高いので、ここでは家で食べてばかり。
しかしながら食材が充実している上に、外食は高いだけで
ちっともおいしくないし、
鼻からそれらのことは諦めている。
頭の切り替え。切り替え。ここには外食は存在しないのだ。っと。笑

それにしても市場が週2回あるのは、フランス生活にもどったみたいで
快適である。

新鮮な野菜と果物を買いまくって、調理して
食い荒らしてゆく毎日。
このままだとデブまっしぐら。やばい。

食に関する関心が高いのに、味へのこだわりが強そうに見えて、
でも美味しいと感じる料理がすくない。
焼き菓子中心のお菓子で、ドイツのようなトルテベースが少ないし、
健康といえば健康だが、
この国は食に関してシンプルである。


せっかく市場があるのに、勿体無い。。
[PR]
by inei-reisan | 2016-08-13 05:23 | オランダ生活 | Trackback | Comments(0)


ドイツの山登りに興味を持っていた私は恥ずかしながら、草木の名前が全くわからない。
今日は、一緒に住んでいる大家さんと一緒に
彼女の通っている彫刻教室へ付き添い。

天気が良かったので、自転車に乗って、すこし遠出で15分くらい。
公園というより、野嵐になっているそこには自然の草木が
生息しており自然公園になっているらしい。

自然は何もかもに連鎖していて、小さな植物を観察するとそういうつながりも
汲み取ることができる。

彼女はなんでも草木の名前をよく知っている。
これはこの名前で、いい臭いがするのとか、名前が動物の名前だねとか



e0211739_5272243.jpg


私の庭にあるこれはちっとも大きくならないとか

e0211739_5285335.jpg


庭の草木に関してのエキスパート。

e0211739_5312232.jpg


e0211739_5335021.jpg


帰ってからちっとも名前を思い出せない自分に

恥ずかしくて恐縮。。。もぅ!

オランダ人は庭を愛でるのが
お好きなようです。
どの庭も素敵に手入れされているから。
[PR]
by inei-reisan | 2016-08-09 02:13 | オランダ生活 | Trackback | Comments(0)

さて次の国。

窓から夕日が見える家に引っ越した。
オランダの小さな町の大きなお家の3階に仮住まいを構え
新しい場所と時間の中で生活を始めている。

ここはドイツとオランダの間にある都市である。
南の都市ミュンヘンとは違い、北の雰囲気があふれていて
そんな町に私が住むのかと、自分でも意外な感じがするのだけども、
それでも来てみれば、その町に興味を持ち、
また新しい言葉を勉強し始め、
環境に順応していくのが、
私の性格なのだな、っと自分でつくづく感じる。

少なくともこれでパリには近くはなったし、
オランダ語はドイツ語と英語ができればなんとかこなしていきそうだし、
今回は一人じゃなくて二人だし、
かなりポジティブ要素満載なのだ。





これからはオランダ生活をUPしていくことになるかと思います。
それでも、皆さんいいですか?
[PR]
by inei-reisan | 2016-08-06 04:55 | オランダ生活 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31