深夜バイト


1年弱にしてやっと見つけたバイトは、夕方から開く学生向けのカフェ・バーでのお仕事。
基本学生向けなので、安い飲み物しか出さないし、
それよりもなによりもOPEN1年目ということもあるのか認知がさほどされておらず、
客がこない。泣。
オランダのバイトは時給で支払われるが、あまりにも暇だとすぐ家に帰されてしまい、
しかも週1回くらいしかシフトも入れてもらえず、ほっんとに稼ぎにならないのが今の現状。

まあ、それでもほぼ毎日あるオランダ語の授業やら、週2回も行ってるバレエと組み合わせると、
私に都合がいいといってもいいかもしれないし。

さて、だから、この片田舎にやってくる、外国からの学生はこんな貧素なカフェに集まってくる。
話によると(まだ初めて1ヶ月の私には馴染みのない客ばかり)、大抵夜10時頃にやってくるブラジル人学生。
彼女はここで大学を卒業して、そのままどっかでバイトしているらしく、
夜時間を潰しにやってくるらしい。
おそらく一人寂しそうな彼女は、今夜もひとりスマホをいじりながら、チョコミルクをちびちび飲んで。
でもなんともおしゃれにしている感じは前回あった時と、なんだか様子が違うような・・
お化粧も濃いじゃないかしら?

それからしばらくして、男子グループが数人で固まって来店してくる。
どうやらbachelor party (結婚前の最後の独身party)で、うちのお店のカラオケをしに来たそうな。
前もって電話が来ていたらしく、どうやらそれをうちの店長が彼女にリークしたらしい。。。
常連になるとそんな粋な計らいも?!

ということで、なんとなく楽しくその場でカラオケをして盛り上がっていました。(^^)

時にはそんなヘルプも必要よね〜と思いながら、久しぶりに家に帰されずに
真面目にビールをテーブルに運ぶ私。
大いに盛り上がって、歌いまくった彼らは2時頃、迎えに来た奥様やらフィアンセに連れられて店をでていきました。
(彼女たちもどっかでパーティしてたらしい。)


いやあ、深夜バイトは大変だけど、新しい人種に会えて面白いわ。
e0211739_18230194.jpg
(ベルギーのGENTという街で訪れた美術館にいたロダンの作品。同じ顔がこっちをみてて怖い。)



[PR]
# by inei-reisan | 2017-06-04 18:24 | オランダ生活 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30