人気ブログランキング | 話題のタグを見る

七夕の日に思うこと

七夕の日に思うこと_e0211739_07242790.jpg


先週までのヨーロッパは猛暑で、どこもかしこも非常に暑かった。
エアコンなんてあるはずがない我が家も、30度近くまで上がり、夜も寝れないほどの暑さに。
慣れない暑さに、周りのオランダ人もひいひい言って過ごしてたのに、今週になって急に気温が落ちた。

しかも嵐であちこちの木は強風でなぎ倒され、朝から携帯に警報が3回も4回もピーピーなり続けた。
ニュースでは住宅の大きな植木が根こそぎ強風に攫われて、ひっくり返って屋根の上に倒れている映像が流れていた。

やっぱり最近ちょっと毎日が騒がしい。
そう思って週末の今日は家でじっと窓の外を眺めている。

七夕の今日はたまにはお願いをしてみるのもいいかもしれない。
いやそもそも誰かにお願いなんて久しくしてないし、願う時間があれば自分で実現させるために一生懸命頑張ろうとする。
他力本願で何かを成し遂げようなんて、なんてあまちゃんなんだ。

ってそんなつまらないことを考えてしまう私。
これだから日本人にモテない私。(七夕だけに)

そういえば私が学生時代に応募した建築コンペに七夕をテーマにした住居がテーマのものがあった。
たしか小さな住宅で、学生を対象にしたものだった気がするけど、
あれやこれやと考えて出した設計アイデアは結局(いつもどおり)一つも入賞せずに私のポートフォリオに収まった。
織姫と彦星が年に一回出会うための空間。なんというロマンティックなものであろうか。
そんなテーマを出した企画側もすごいけど、(あの当時は突飛なアイデアが流行っていた)
それを面白いと受けてしまう私も結構な学生だったんだろう。
それに引き換え調べてみたら今のコンペのテーマは非常に現実的なものが多い。
”働きたくなる工場”とか”大きな屋根の家”とか、そもそも求められているものが全然私の時代と違うのだろう。
より具体的で即戦力のあるアイデアを組み立てれるような人材を求める社会になっているのだろうな。
社会人の練習なんて、会社に入ればいつでもできるのに。
学生コンペの良さは、その社会人と学生の間の、最後の自分磨きのチャンスなのではないのかな。

ちなみに私の周りの最高のカリスマは数年先輩の石上純也さんでした。
学生の頃から、学校中で噂が広まって、すごい人がいるぞっと、妹島さんがどうやら彼を抱えて離さないらしいよっと
会ったことはないけども聞かされていました。w


# by inei-reisan | 2023-07-08 07:20 | オランダ生活 | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない

by inei-reisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30