根っこと大地


e0211739_544754.jpg


今日学校の帰り道にドイツの国とドイツ人のなりかたについて、
学校のクラスメイトと話した。
ドイツ人はとってもいい、とかれは絶賛してて、いつまでも働いて住み続けたいと
いってた。
私もこの国がより好きになっているのは事実なのだ。
なんというか、しっかり地面に根が入り込んでいる国。
それぞれの街を愛し、家族を大事にし、
じっくりゆっくりでも進む国なのだ。
なにか問題があっても、ひっくり返すような解決を試みずに、
じっくり見つめ合って、解決を考えてゆっくりとすすめてゆく。

なんだか初めてこの国の成り方と
精神が心にますます染みている
毎日。

いつもぐらぐら日本の地震のゆれが染みついていた私も
少しずつ回りがみえるようになってきたのだろうか。。
[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/13526054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆき at 2010-10-29 15:59 x
そのように感じられる事、とてもシワセナことだなって感じました。実際に、ある程度の期間、生活してみないと分からないですよね・・・。私は日本と、イギリスとアメリカだけだけれど、アメリカが一番生活し易いというか、合っていると感じられます。

inei-reisanさんも、いろいろな国で生活された経験をお持ちで、そのように感じられるのなら、毎日がワクワクしてきますね!
Commented by ミュウ at 2010-10-31 17:19 x
ブログ教えていただきありがとうー。ドイツって安定感とか、どっしりって言葉がぴったりきますよね。またお邪魔します。
by inei-reisan | 2010-10-29 05:11 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(2)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31