ねぐら

おとといからねぐらをかえた。
朝からずーっと忙しいのだけど,今の私にはそれが嬉しい限り。
ものすごい一日が終わってこの数時間私はねぐらに戻って
自分を取り戻す。
この生活がいつまでもつのだろうかと心では分かっていても、
今のこの瞬間を大事にするという私の思いは変わらない。
なんとも繊細で吹いたら飛んでいってしまいそうな現実を、私はどっしりと掴めるものへと
変換している最中なのだと心に言い聞かせるのだ。


e0211739_4161463.jpg



あたらしいねぐらはとっても静かで、前のねぐらのように大通りの若者の喧嘩の声は聞こえない。
電気を消せば真っ暗で,やっぱり大通りのオレンジ色の電灯が瞼の裏に写らない。
まったくちがうといった表現が正しいような
ねぐら。
真四角の部屋のすみに穴みたいなソファをつくって、そこにぽこっとはまる
そんな瞬間。私は大きく深呼吸する。
毎日が走って、息もつく暇もない。
そんな最近。ねぐらは私の大事な充電場所だ。
[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/13559518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2010-11-03 04:16 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31