からだとあたま

2日ほど体調をくずしている。
なんのことはない程度なのだけど、お菓子の仕事には
結構影響が大きくて、大きな失敗をしてしまい
結構落ち込んでしまった。
2日してやっと持ち直してきたけども、それでもかなり心が痛い状態である。
こんなんでプロになれるのだろうかと心配にもなるが、
自分の精神的な戦いだとも考えているので、
持ちこたえていくしかないのだろう。

建築をしてたときも、こうやって壁にぶつかることがあって、
まだかまだかと、やってもやってもきりがなかった
勉強だった。
いくら限界を超えてもそのさらに先にはまだ伸びている限界があって、
それを乗り越えるとさらに限界があったものだ。
決してこれでいいかということは起らなくて
それがある意味興奮状態で続けていた感がある。

なにかを学ぶというのはそういう刺激が常に持続している状態なのだろう。
社会人になって、会社にでももし入ってしまえば、多少のストレスはあろうとも、
自分の限界や容量が見えての仕事だから、
落ち着いて対応できるのかもしれないね。
ただそれが物足りなくて、私はここでこんなことを続けてるんだけども。

ただ先日人に言われたのは、私は頭のどこか片隅で他の何かを考えて
仕事しているようにみえると。それは無意識なことなのだろうけど、それがお菓子の仕事ぶりに
出てしまっているというのも、おかしなはなしだろうな。
まっさらに、まっしろに、もしお菓子だけを勉強しプロになってたら、
またちがう雰囲気をかもし出していたのだろうかと、
再び考え込んでしまう、私。

とりあえず、今はからだを直さなくては。まだクリスマスまで一週間以上あるのだから。。。

e0211739_213843.jpg


お砂糖の授業で作った飴細工。どんどん面白くなってきた。。このごろ。。
[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/17070451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2011-12-16 02:02 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30