一時帰国とか

しばらく間が空いてしまったけど、皆様はいい新年を迎えられましたでしょうか。
私もお正月は一週間日本へ一時帰国し、でも東京はよらずに実家の福井と、妹が住んでいる京都へ滞在。
さて日本に帰るのは3年ぶりだったけど、それはそれはいろんな意味で感慨深い一時帰国でした。日本を外から眺めているだけだと、なんと自分がセンチメンタルになっているんだろうと実感してしまいます。
そしていまだにカルチャーショックで、どうしていいかわからない私。笑。
なんだか日本滞在が心苦しすぎて、ここ一週間は胃が痛いです。(関係ないでしょうか。。)
でも今回の帰国で一番感じたのは、インフレな商品の価格と、アメリカ的な消費主義、現実から逃げているような過度なエンターテイメントの露出。
いい面もいっぱい再発見して、美しい自然と、人間の謙虚さ、まじめさ。そしておいしいご飯―――。
だからかな、この美しい自然にあの難解な問題が溶け込んでしまっていて、それをみても無理している日本人をみると、やっぱり心痛かったです。
正直言うと地震や、原子力の話を今の日本でするのはなんだかタブーなオーラが発せられていて、それが個人的には怖かったです。
存在を無視するのが一番大きな問題を起こす原因になると思っているので、向き合うのはかなりつらい事実かもしれないけど、 飲み込むのはやはり精神的にも不健康だと感じ。


私はヨーロッパに長い間住んでいるほうで、毎日がYESかNOで生きています。
一回NOといえば、それは徹底されて答えは撤回されることはありえません。
あやふやな答えなどない世界なのです。
だからやっぱり日本人の私はいつもその性格がでてしまって涙するし、くやしくて反論をぐちゃぐちゃなフランス語やドイツ語でまくしたててたりするのですが、結果的にはそれが今の私の人間の成長の糧になっているようです。

だから今回の帰国の日本の印象は、辛口です。
私の今の日本の状況に対しての答えは、Noです。



PS。毎日勉強の合間に図書館で少しだけネットを見ていて(お家にまあだネットがないので笑)、その時間でしか日本の状況を知ることしかできませんが、被爆されてもがんばられている方の強さに、その状況の不運さに心からお見舞い、応援いたします。基本私は海外のニュースを読んでいますが、地震、被爆、発電所の問題は世界レベルで考えるべき問題だと感じています。
ドイツだって、国で発電所をやめたといっても、ではどこから電気を買うのかいえば、結局隣国でやはり発電されたものを買っているだけでしょうから。


さてさてがんばってネットを開通させます。
さすがにここでも家にネットがないというのは若干ひかれはじめているので。笑。あと母が入院中なので緊急連絡先がないと、何かと困るのです。。。。
[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/17253776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by september30 at 2012-01-23 00:01 x
お帰りなさい。3年ぶりの帰国だったのですね。読んでいて一行一行に共感しました。海外に住んでいて時々しか日本に帰らない人だけにわかる複雑な気持ちですね。
今年もおたがいにがんばりましょうね。
Commented by inei-reisan at 2012-01-23 17:48
日本に帰るタイミングを失ってしまってなのですね、きっと。いつでもそこにあるからいいやと考えていたのはなんだか間違いだったようです。次はもっと早く帰ろうと思います。
by inei-reisan | 2012-01-22 04:45 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(2)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30