おめでとう

人間はどれだけの時間をかけて
苦しいと思うことを嬉しいとおもったり、
悲しいことを嬉しいとおもったりできるようになるのか。

昔昔付き合ったひとが、大分長い間連絡を取ってて、
彼とは結構なんでも話せる仲になっていると自分でもおもっているんだけど、
その彼になんと新しく相手ができていて、
それが心から嬉しく思えることができる自分がいて、
それが嬉しく感じた。



ひねくれてなく、ぼんやりでもなく
はっきりと嬉しかったのは
彼に対して長い間いろいろなことを話せてて、
いつまでも連絡をとっていたからなのだろうかな。


そしてお互いに気がついたのは

もうそんな私たちが10年以上も会ってないということ。

でも10年間もしっかりと連絡を取り合っていること。


そしてお互いにそろそろしっかり会わないとね

と言い合った。

I am tiring to do that.

ごめんね、私もはやく君に会いたいよ。


本当だよ。


男女の友情なんてないなんて、やはり言わせない。

でも純粋なそれはなかなか築けないのも事実。

私達はやはり恵まれている。


彼の言葉:

inei-reisan,

a deep running spring bringing energy where it lingers. A courage far from little despite a very little girl 0_0! inei-reisan's perception of the world should be emulated not discouraged. Her outlook is always changing but more adapting than anything else....



:)
[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/21563868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2014-01-13 05:28 | つながり | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31