これを開放できるいつかが

e0211739_2271185.jpg


今日踊りにいったら、いい気に集中できないことがおきていて、
見事に私の踊りは崩れていった。

本当に私はこういうとき自分の情けなさを思い知るわけだけど、
ちっとも嬉しくない性格だとおもう。

バレエの先生も私の調子をもうしっかり見抜いていて、
難しかった?とごまかしたけども、
実は集中できてなかったのは明白で。
気にしないと思っても、しっかり心は荒れて乱されていくのが
そのまま踊りにでてしまったのだ。



私には仲間が必要だ。とつくづく思う。
それも私を伸ばしてくれる糧になるのをしっているから。

一人でいるのが平気とか気が楽だとか、
今の私には言えやしない。


綺麗な音を発したい。綺麗な瞳で見つめたい。
そんなことばかりをこのブログに書いてきたけど、
それは自分がすっかり汚れていたからじゃないかと
いつも思う。

ほんとうにたいして人のことなんて気にしない人が
一番実は強いんだろうな。



やっぱりこの部屋一人には広すぎる。

ぶつ。ぶつ。
[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/21980811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2014-05-11 02:29 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31