密かに行われているもの

e0211739_03475087.jpg
じつは来週末はもうドイツはerst Adventで市場はモミの木が大量に並べられてる。
これから4週間毎週日曜日にロウソクを一本づつ点けてゆき
4週間後にクリスマス当日になる仕組みになる。

緑のモミの木も魅力てきだけど、それよりも私がいつも惹きつけられるのは
mistletoeの枝。
ここではmistletoeの枝の下で男の子が女の子にキスをする習慣がある。
それを知ったのはドイツにきてからだけど、
この国でそんなことがあることが逆に不思議でしょうがなかった。
でも今朝市場で大量のmistletoeをみたときに、
それを信じて買う人がこの売っている分だけいるのかと(たぶんそれを目的だけではないだろうけども)思うと、やはりそうなのかと納得させられる。
でも調べてみるとどれもケルト民族とか北欧とかからきた習慣に、
色つけされたものらしいのだが。


とにもかくにも、市場から帰る人はいっぱいのモミの枝やクリスマスのデコレーションを買い込んだ人がいっぱいいた。

そう、またヨーロッパの冬が始まる。







[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/23892419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2015-11-22 07:47 | ミュンヘン日常 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30