JURA ーフランスの酒生活とは。

今週は冬なのにすごく暖かくて、勘違いしたドイツ人が外でビールを飲んでる。
こんなの冬じゃないよねっと言いつつ、来ているコートもどんどん薄くなり、
ついにはセーターのみで出かける輩。

さて、私はといえば日常が騒がしい。
ころころ変わる天気と一緒で、やることが山盛り。忙しいことはありがたいことだというけども、
ここまで忙しいと何かしら間違いを起こしそうで怖いなぁ。
私はかなり、おっちょこちょいなので。笑。


日曜日朝は前にも紹介したARTEの番組鑑賞。
今回のテーマはフランスのJURA地方のアルコール特集だった。
それで、
リヨンに住んでいた時の友達が、フランス人のおばあさんのお家に住んでいて、
バカンスになるといつも彼女の実家のJURAに帰っていた。
大抵美味しいものを死ぬほど飲んで、食って帰ってきて私はいつも裏ましがっていた。
リヨンとはまた違う白ワインもあるそうで、お土産にいただいたJURAのワインは
とても美味しかったのを思い出した。

調べてみるとスイスとの国境近くにあるJURA地方の名は、『森』『原生林』または『山地の森』を意味する、ラテン語のユリア(juria)に由来し、これはケルト語のjoris(意味は同じ)にも由来するとされる。
とある。面白い。映像にも緑がもくもくと出てきたけども、きっと山の中に埋もれている地方なのだろうか。

さて見た番組の中では山ほど楽しいことが隠されている。

山の中からできあがるアブサン。(absinthe)
薬草、ハーブから作るお酒で、匂いはきつい。水と混ぜると真っ白になるお酒。
子供達はabsintheシロップをのんで。

冬の家族鍋は大量のチーズフォンデュ。
ここのフォンデュは本格的で、溶かしたチーズの中に白ワインも、kirschwasser(蒸留酒)も加える。

雪山の中を登る亭主がこっそり蓄え続けているのが、木の幹をくりぬいたウィスキー入れ。
この酒をいつも切らさないように、山へ確認しに行くんだとか・・

フランスもドイツも地方は、地味だけど、でも豪快な魅力が隠されているもんだ・・
ARTEが見える方は以下からリンクで今なら観れます。


ZU TISCH IM ...Schweizer Jura
[PR]
トラックバックURL : https://ineireisan.exblog.jp/tb/24095357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inei-reisan | 2016-01-30 17:52 | フランス人達 | Trackback | Comments(0)

自分が住む国を選ぶ権利はあるが、国が私たちを選ぶ権利はない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30